TOKUYAMA NURSING SCHOOL
ホームページ プライバシーポリシー このサイトについて
学校案内 学生募集 キャンパスライフ 進路状況 アクセスマップ 資料請求・お問い合せ
          学校案内
施設紹介 学校沿革

学校長
津 永 長 門

学校長 挨拶

 本校の前進は、昭和27年に徳山医師会により開設された准看護婦養成所です。
 平成12年に現在の医療専門課程看護科(3年課程全日制)が開設され、周南医療圏唯一の看護専門学校として、地域医療に貢献できる人材の育成に励み、数多くの卒業生が、県内及び全国で看護師として活躍しています。体育館も併設しており、体育の授業、バレーボールやバスケットボールの部活動を始め、課外活動も盛んです。
 少子高齢社会を迎え、看護に求められるものは高度化し、多岐にわたっています。当校では、恵まれた環境の中、看護師としての知識や技術はもとより、人として病める方に寄り添える豊かな人間性を養うことを目指しています。
 看護師になりたい!という熱い志を持たれた皆さんが入学されることを、教職員一同、心からお待ちしております。

 
教育理念

豊かな人間性と幅広い視野を持ち、人々の健康の問題を変化する社会の動向の中で明敏に捉え、看護専門職として先見性を持って対応することを通して地域社会の人々の健康と福祉に貢献できる人材の育成を目指す。

教育目的

人間に対する深い理解と愛情を持ち、看護の専門職業人としての知識に基づいた判断力と実践能力を習得し、社会における保健・医療・福祉の変化に対応できる看護者を育成する。

教育目標

1.人間を身体的・精神的・社会的側面から捉え、統合的存在として理解する能力を養う。
2.人々の健康と生活を、自然・社会・文化的な環境との相互作用の観点から理解する能力を養う。
3.人々の健康上の課題に対応するため、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う。
4.あらゆる健康や障害の状態に応じた看護を実践できるための基礎的能力を養う。
5.社会の情勢に関心を持ち、保健・医療・福祉の制度と他職種の役割を理解しチーム医療を実践するとともに、人々が社会的資源を活用できるよう調整するための基礎的能力を養う。
6.人々の多様な価値観を認識し、専門職業人としての共感的態度及び倫理に基づいた看護を実践できると共に、国際的視野に立ち最新知識・技術を自ら学び続ける基礎的能力を養う。


教育目標

令和元年度自己評価

1. 評価結果


2. 評価結果項目別内容

 調査を3段階評価としたため、どちらかといえば2を選択した者が多く、3段階から4もしくは5段階 評価に移行することの検討が課題としてあげられる結果となった。また、Z卒業・就職・進学、[地域社会/国際交流、\研究については、今後の課題である。

  Copyright 2006-2010 TOKUYAMA NURSING SCHOOL All rights reserved
徳山看護専門学校トップページへ